湿疹の薬として処方されるダラシンTゲルにはステロイドが含まれている?TOP

ダラシンTゲルにはステロイドが含まれているのか?

湿疹やにきびの治療などに処方されるダラシンTゲル。

ダラシンTゲルにはステロイドが含まれているのか気になるところですが、ダラシンTゲルにはステロイドが含まれていません。

お肌の治療薬と聞くと、ステロイドが入っているイメージを持ってしまうことがありますが、ダラシンTゲルは、抗生物質であり、ステロイドは含まれていないようです。

ダラシンTゲルの役割は?

ダラシンTゲルは、抗生物質なので、お肌の細菌を抑制する効果があります。

細菌のひとつにアクネ菌があります。
ダラシンTゲルでアクネ菌を抑制することで、ニキビを治療することができるのです。

炎症を抑えてくれる効果もあるので、化膿してしまったニキビや、炎症をおこしてしまったニキビなどに特に効果がといわれています。

ダラシンTゲルの副作用

ダラシンTゲルは、使用する場合には長期間使用し続けないようにしましょう。
長期使用をすることで耐性菌が生まれてしまうことも考えられます。

また、ダラシンTゲルには副作用があり、赤みやかゆみなどを引き起こしてしまうことがあるようです。

副作用の原因はアレルギー反応と考えられるので、アレルギー体質の方は使用する場合んひ注意が必要となります。

また、使用していて異変を感じたらすぐに使用を中止しましょう。