湿疹の薬として処方されるダラシンTゲルにはステロイドが含まれている?TOP > ダラシンTゲルは顔の湿疹にも効果はある?

ダラシンTゲルは顔の湿疹にも効果はある?

顔にできてしまった湿疹。病院を受診すると、ダラシンTゲルを処方されることがあります。ダラシンTゲルは、顔にできた湿疹にも効果があるのでしょうか?調べてみました。

ダラシンTゲルは顔にできた湿疹にも効果がある?

ダラシンTゲルは、抗生物質です。

ですから、アレルギーなどが原因となって出来た湿疹には効果がないといわれています。

しかし、病院を受診すると、湿疹の場合にもダラシンTゲルを処方される場合があります。

その場合、湿疹の種類とも関係しているのではないでしょうか?

湿疹といっても、その原因はさまざまです。

その湿疹の原因にあった薬を使用することが、大切なポイントとなります。

ダラシンTゲルが処方される場合

顔などの湿疹でダラシンTゲルが処方された場合考えられる湿疹は、湿疹に膿が含まれており、感染症などの可能性が高い場合や、採血などの検査を行った場合に、細菌が繁殖しているのが確認された場合など。

このような場合にダラシンTゲルが処方されることがあるようです。

ダラシンTゲルと湿疹

ダラシンTゲルは、抗生物質で、菌の繁殖を抑制してくれるお薬です。

ですから、細菌の繁殖や、感染症などが原因で湿疹ができているという場合には、効果的な治療薬となるようです。

ただ、そのほかのアレルギーなどで湿疹ができた場合には、あまり効果は得られないようなので、他の薬を使用しましょう。

また、ダラシンTゲルは、副作用によって湿疹が出ることもあります。

何かわからないことや疑問があれば、医師に相談することをおすすめします。